トイレのつまりの原因

Pocket

トイレつまりの原因として考えられるのは、まずは水量不足です。節水するために、タンクにペットボトルなどをいれておくと、水を流す際に充分な水量が確保できず、そのため流す際の水圧が足りず、それがつまりの原因となることがあります。また、一度に大量のトイレットペーパーを流すことでも、つまりが起こる恐れがあるのです。

次に考えられることとして、トイレットペーパー以外の紙を流してしまうというものです。トイレットペーパーは水洗トイレ用に開発された紙で、これは水に溶ける性質を持っています。しかし、トイレットペーパーを切らしていた場合など、代用品としてティッシュペーパーを使用することがあります。しかし、ティッシュペーパーは水に溶けず、塊のまま流れていきますから、つまりの原因となりやすいのです。

他にも、携帯電話や子どものおもちゃなどの異物がつまってしまうことがあります。シャツの胸ポケットにいれておいたものが、屈んだ拍子に便器の中へ落下してしまうのです。また、子どもがいたずらでおもちゃを流すこともあります。このように、トイレのつまりの原因は様々ですので、それを解消するには、その原因によって対処法が変える必要があるのです。