水回りとトイレのつまり

Pocket

家庭における水回りのトラブルの中で、最も多いのがトイレです。トイレのトラブルとしては、止水栓や給水管からの水漏れがあります。また、タンクと便器の間からの水漏れや、便器自体からの水漏れなどもあります。しかし、そういった水漏れよりも多いトラブルが、つまりです。ではこのつまりはどのように起こるのでしょう。

つまりの原因としては、まずは水量があります。節水目的で、タンクの中にペットボトルなどを入れている場合があります。水の量をかさましするためのものですが、これによって充分な水量を確保できなくなるのです。少ない水で流すため、水圧が足りずつまりやすくなるということです。トイレは充分な水量で流してください。また、トイレットペーパーがつまることもあります。一度に大量のトイレットペーパーを流すと、排水管はそれほど太くはありませんので、どうしてもつまってしまうのです。大量に使う場合は、何度かに分けて流しましょう。そしてティッシュペーパーです。ティッシュペーパーは水に溶けない性質を持っています。そのため、一度つまるとそこで留まり、さらなるつまりを引き起こしてしまうのです。

こうしたトラブルは、ある程度は自分で解消できます。まずはバケツに水を汲んで、便器の排水口めがけて勢いよく注ぎ込みます。それにより、一時的に排水管に圧力がかかり、中のつまりが抜けていくのです。また、水をぬるま湯にするという方法もありますし、ラバーカップを使うという方法もあります。このサイトはこのようなトイレのつまりについて説明します。