つまりの対処法

トイレはつまりが生じやすい箇所です。言い換えれば、いつつまってもおかしくないところでもあるのです。そして、トイレがつまった場合は早急に対応する必要があります。衛生面でも問題がありますし、生理現象は抑えられません。トイレのつまりの対処法ですが、これはつまりの原因によってその方法は変わってきます。まずは水量が足りず詰まった場合は、とにかくタンクの中のペットボトルなど、かさまししているものを取り出すことです。そして、充分な水で再度流してください。

それでも改善しない場合は、バケツを使っての改善策となります。バケツに水をいれ、便器の排水口に向けて勢いよく水を注ぎ入れるのです。これにより、排水管に圧がかかり、中のつまりが改善されるというわけです。また、水の代わりにぬるま湯を使う方法もあります。その際の注意点としては、熱湯を使うと便器が割れる恐れがありますので、必ずぬるま湯を使うようにしてください。

こうした対処法でも改善できない場合は、ラバーカップを使います。排水口へラバーカップを密着させ、何度か押し、真空にします。そして今度は勢いよく引っ張って排水管を逆流させてやるのです。これでも改善できない場合は、業者に依頼し、専門的な対処法でつまりを改善しましょう。

トイレのつまりの原因

トイレつまりの原因として考えられるのは、まずは水量不足です。節水するために、タンクにペットボトルなどをいれておくと、水を流す際に充分な水量が確保できず、そのため流す際の水圧が足りず、それがつまりの原因となることがあります。また、一度に大量のトイレットペーパーを流すことでも、つまりが起こる恐れがあるのです。

次に考えられることとして、トイレットペーパー以外の紙を流してしまうというものです。トイレットペーパーは水洗トイレ用に開発された紙で、これは水に溶ける性質を持っています。しかし、トイレットペーパーを切らしていた場合など、代用品としてティッシュペーパーを使用することがあります。しかし、ティッシュペーパーは水に溶けず、塊のまま流れていきますから、つまりの原因となりやすいのです。

他にも、携帯電話や子どものおもちゃなどの異物がつまってしまうことがあります。シャツの胸ポケットにいれておいたものが、屈んだ拍子に便器の中へ落下してしまうのです。また、子どもがいたずらでおもちゃを流すこともあります。このように、トイレのつまりの原因は様々ですので、それを解消するには、その原因によって対処法が変える必要があるのです。

水回りのトラブル

キッチンや浴室など、日頃何気なく使っている水回りですが、実はトラブルとは背中合わせの場所でもあるのです。水回りは、蛇口から水が出て、それが排水口から排出され、排水管を通って屋外へと流れていくようになっています。しかし、この蛇口、排水口、排水管というパーツは消耗品でもありますので、何かの衝撃で壊れたり、あるいは経年劣化で傷みが生じてくるものなのです。

こうしたことを考えると、水回りのトラブルはいつ発生してもおかしくない状況にあるのです。具体的なトラブルとしては、キッチンでは蛇口からの水漏れや排水口からの悪臭、排水管のつまりや破損などがあります。そして浴室のトラブルとしては排水口のつまりが最も多くなります。また、浴室はカランや蛇口など数多くの水回り器具があり、このどれもが劣化や故障によるトラブルの原因となってしまうのです。

このように、家の中には水に関するトラブルの原因となるべき箇所がたくさんあります。中でもトイレのトラブルは最も深刻な問題となります。そのトイレのトラブルとしては、止水栓や給水管、あるいは便器とタンクの間からの水漏れなどがありますが、最も大きなものとしては、やはりつまりということになります。

水回りとトイレのつまり

家庭における水回りのトラブルの中で、最も多いのがトイレです。トイレのトラブルとしては、止水栓や給水管からの水漏れがあります。また、タンクと便器の間からの水漏れや、便器自体からの水漏れなどもあります。しかし、そういった水漏れよりも多いトラブルが、つまりです。ではこのつまりはどのように起こるのでしょう。

つまりの原因としては、まずは水量があります。節水目的で、タンクの中にペットボトルなどを入れている場合があります。水の量をかさましするためのものですが、これによって充分な水量を確保できなくなるのです。少ない水で流すため、水圧が足りずつまりやすくなるということです。トイレは充分な水量で流してください。また、トイレットペーパーがつまることもあります。一度に大量のトイレットペーパーを流すと、排水管はそれほど太くはありませんので、どうしてもつまってしまうのです。大量に使う場合は、何度かに分けて流しましょう。そしてティッシュペーパーです。ティッシュペーパーは水に溶けない性質を持っています。そのため、一度つまるとそこで留まり、さらなるつまりを引き起こしてしまうのです。

こうしたトラブルは、ある程度は自分で解消できます。まずはバケツに水を汲んで、便器の排水口めがけて勢いよく注ぎ込みます。それにより、一時的に排水管に圧力がかかり、中のつまりが抜けていくのです。また、水をぬるま湯にするという方法もありますし、ラバーカップを使うという方法もあります。このサイトはこのようなトイレのつまりについて説明します。